« 政策創造学部 (H26年度春学期№7) | トップページ | マリーゴールドの植付け作業 »

2014年6月 6日 (金)

平成26年度 第8講 @阪南大学

P1000295P1000297 
 今日は安定な候でした。は曇天、から夏の太陽がったかと思うと、昼がりからは天になり、大学に着いた頃には空が鉛色になっていました。ャンパスのでは、奇抜な形(?! )の建物事が着々とんでおり、に壁が外され貌を現していました。

Photo 義では、税法基礎理論の「の下の平等」について争われた「大島訴訟の判例評釈をしました。済学部の学生さんには、染みがないと思ったので、わが国の審制度や高裁判事の成、例評釈の領など、辺事情の説から始めました。さて、限を終えた頃には行きがしくなり、最寄りに着く頃には小らつき始めました。い自宅付近はは上がっており、なしでれました。 (^_^)v



|

« 政策創造学部 (H26年度春学期№7) | トップページ | マリーゴールドの植付け作業 »

大学出講(阪南大学)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年度 第8講 @阪南大学:

« 政策創造学部 (H26年度春学期№7) | トップページ | マリーゴールドの植付け作業 »