« スイセン、タンポポ、ヤマツツジ  | トップページ | 政策創造学部 (H24年度春学期№2) »

2012年4月16日 (月)

大阪府第2支部連講演会 手嶋龍一・井沢元彦

P1040523P1040524 畿税理士会の阪府第支部連主催の演会に加させて貰いました。場は大阪駅前の「メルパルク大阪」 でした。ル前にはちょっとしたえ込みがあってパンジーなど色とりどりの草花ませてくれます。

P1040525_2P1040528_2 今回は部制で、第師は手嶋龍一氏で、ーマは「東アジアと太平洋の世紀~2012年の動向を読み解く~」でした。レビで拝見したまんまで実な語り口、「ッ!」といの手を入れられるのが徴的でした。(笑)

P1040530 日の北朝鮮ミサイル発射事件直後ということもあり、前に準備していた容を総入れ替えしたと仰ってました。今日の旨は、サイル発射を巡って本・メリカ・国の国でなぜこんなにも報開示にイムラグが生じるのか・・・にあったといます。

P1040560P1040566 また、第師は井沢元彦氏で、ーマは「歴史から見た経営戦略」でした。「本史は々の輩・先祖たちのみのみ重ねであって、営戦略に立たないわけがない。」とのこと、もまったく感でした。

P1040561 「の各国のうち、路の装率が最もい国はどこでしょう 本・国・国・イ・ジプト・・・」 解は何と日本でした。その原因は史を解くことで確になるとのことで、それは本だけが「車」の化が無かったからだと拠付けられたのでした。「逆説の日本史」も漸く18巻「治維新」にまでぎ着けたとのことでした。  

 

|

« スイセン、タンポポ、ヤマツツジ  | トップページ | 政策創造学部 (H24年度春学期№2) »

税理士研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府第2支部連講演会 手嶋龍一・井沢元彦:

« スイセン、タンポポ、ヤマツツジ  | トップページ | 政策創造学部 (H24年度春学期№2) »