« 政策創造学部 (H22年度春学期№9) | トップページ | 平成22年度 第9講 @阪南大学 »

2010年6月17日 (木)

東大阪西支部6月公開例会 『ものづくりを超えて』

P1090236 P1090239 谷町4丁目駅を上がって、央大通りの南側歩道を西へ徒歩23分の大江ビル13で午後6時から題記の例会があり、も参加しました。眼下には阪神高速13号東大阪線が走り、阪湾方向に陽が見えました。

P1090240 P1090243  さて、本日の師は都築直史氏で、書きは経済産業省 製造産業局 素形材産業室長 兼ものづくり政策審議室長とのことで、日本の小企業政策の幹を占める要ポストにある僚でした。

P1090253 P1090260 今日のお話しは、ワーポイントを使用しながらも、月に経済産業省が公表した『産業構造ビジョン2010(骨子案)をベースにした説でした。に、ものづくりの中小企業が生き残れる現場(画像)として、高品質であることを前提として、場からンリーワンと認められる付加価値工場、極端な納期をできる現場、劇的にコスト減ができている現場(コストプライス)、設計からコミットできている発現場、開発工場、の点を挙げられていました。会を終えると午後時、はすっかり夜の帳(トバリ)りていました。

|

« 政策創造学部 (H22年度春学期№9) | トップページ | 平成22年度 第9講 @阪南大学 »

「同友会」活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪西支部6月公開例会 『ものづくりを超えて』:

« 政策創造学部 (H22年度春学期№9) | トップページ | 平成22年度 第9講 @阪南大学 »