« 政策創造学部 (H22年度春学期№10) | トップページ | 平成22年度の道普請と防災訓練 »

2010年6月25日 (金)

平成22年度 第10講 @阪南大学

P1090339 P1090341  週の曜日ほどではありませんでしたが、週も務所をた頃から、ツリポツリと降りになりました。口からって務棟由で本館前にました。義を終えてりの車待ちの時間・・・ 阿倍野方面む。

Photo  今日は、教科書の第部 第2 5 租税法の解釈」で、§1 解釈の必要性、 用概念と固有概念 §2 解釈の方法  令解釈、 規的解釈、 学理的解釈、 理解釈の具体的方法 (1)張解釈 (2)小解釈  (3)対解釈 (4)推解釈 (5)ちろん解釈 (6)更解釈  釈の相違を埋めるための工夫 など学基礎理論と通した容のお話しでした。   

|

« 政策創造学部 (H22年度春学期№10) | トップページ | 平成22年度の道普請と防災訓練 »

大学出講(阪南大学)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度 第10講 @阪南大学:

« 政策創造学部 (H22年度春学期№10) | トップページ | 平成22年度の道普請と防災訓練 »