« 平成22年度 第1講 @阪南大学 | トップページ | 天気予報に反して・・・ »

2010年4月10日 (土)

夕陽燦燦の坂のまちを歩く~西方浄土の聖地・夕陽丘~

P1070486_4 P1070488_4 Twitter を始めるようになって、ランティアのち案内「大阪あそ歩」があるのをりました。今回のコースイトルとおりで、域的関心と間的条件が致したので、内を誘って参加しました。合は天王寺公園ゲート前で、加者は178名でした。

P1070505_5 P1070510_5  自チケットを買って王寺公園に場後、慶沢園から、茶臼山古墳かいました。ガイドの氏は元出身の73歳の紳士、史にも詣が深く、暢な語りで蓄を披露しながら内されます。

P1070529_4 P1070531_6 天王寺坂の、「天神坂(画像)を右に見ごし、本南の「清水坂(画像)を東へ上がります。町筋に出て、星光学院の校内にある旧料亭「瀬(ウカムセ)」跡を学しました。ここは蕉や謝蕪村、返舎一九などがれたと言います。  

P1070541_6P1070547_8 阪では番早く祭りが行われる「愛染堂」の前を通りました。 染さんで有名ですが、恋愛・縁結びの神さんが祀られています。側は西へ「口縄坂」が下りていました。戸時代の情がありますよね3時にスタートして、ここで午後6時・・・散となりました。地元阪のことなのにらないことばかりで、とても新鮮な3時間ツアーでした。 

 

 

|

« 平成22年度 第1講 @阪南大学 | トップページ | 天気予報に反して・・・ »

大阪を感じる」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽燦燦の坂のまちを歩く~西方浄土の聖地・夕陽丘~:

« 平成22年度 第1講 @阪南大学 | トップページ | 天気予報に反して・・・ »