« '09 父の日の会食にて | トップページ | 政策創造学部 (H21年度№10) »

2009年6月22日 (月)

同友会「東大阪東支部」6月例会にて

P1030969P1030970 今日は、から近畿税理士会の定時総会でしたが遺憾ながら欠席しました。方、際交流活動で、ご緒しているさんのご人が、同友会の例会報告をされると言うので、大阪市役所に接するクリエイション・コア東大阪を運びました。

P1030972P1030974 ーマは「 開発力の土壌作りから経営の土壌作りへ ~任せる経営の真髄がここにある!~」で、
社概要己紹介との出会いからの引継ぎ友会入会発と人材教育継問題と3S活動後の展望 の段取りで約時間の報告をされました。訥としたさんのお人柄がみ出た内容で、打たれるものがありました。

P1030979P1030981 さん曰く、報告が決まってこの方ヶ月間ずっと張していました・・・と直な想を述べておられました。謝辞・花束贈呈の際の堵された表情が象的でした。くで懇親会がありましたが、足先に失礼し、ひとり本駅へかいました。が降りねた所為か、快指数がかったです。

東大阪東支部 6月例会

開発力の土壌作りから経営の土壌作りへ
~ 任せる経営の真髄がここにある! ~
報告者:藤木 茂利 氏 株式会社藤木農機製作所 代表取締役(東大阪東支部支部)

「18 年で9件」これは、今回の報告者、㈱藤木農機製作所の藤木さんが社長に就任以来、新製品を開発した件数です。「新製品開発が最高のセールスマン」と言う経 営方針の元、CADシステムの早期導入などにより開発力に重点を置き発展されてきました。しかし、順風満帆に行ったわけではありません。前社長であった兄 が「2年でつぶれる」と言い残し決別して行った事。同族企業であるが故の多種多様な苦労。これらを「優秀な人材には、やりたい様にやってもらう」と言う人 事方針や、社長自らが社内の潤滑油となり社内をまとめる事により克服され、開発力の土壌を作られました。そして、3年前に同友会に入会され経営指針確立セ ミナーや同友会での学びから、事業継承も視野に入れた、強固な経営基盤の確立を目指し、持前のバランス感覚で経営の土壌作りに取り組んでいらっしゃいま す。社内の潤滑油として会社をまとめていく「バランス型経営者の極意」を聞きにきませんか?

|

« '09 父の日の会食にて | トップページ | 政策創造学部 (H21年度№10) »

「同友会」活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同友会「東大阪東支部」6月例会にて:

« '09 父の日の会食にて | トップページ | 政策創造学部 (H21年度№10) »