« 「経過勘定等」@関西大学大学院 | トップページ | 納税義務の成立・確定~質問検査権 »

2008年12月10日 (水)

「タックス・ヘイブン税制」と「移転価格税制」

P1010740P1010890 から税理士会館国際セミナー講してきました。務上と言うよりも、学上の必要性によるものでした。いつも事会の会場となる3階フロアーがほぼ満杯でした。

1_p10108961_p1010900 講師は何れも大阪国税局の担当官でしたが、半が「タックス・ヘイブン税制」で半が「移転価格税制に伴う事前確認制度」の説でした。染みのい領域ですが、局の向を知るには分でした。

研修内容の案内より

企業活動の国際化の進展に伴い、我々税理士は、関与先企業の海外取引において、国際的租税回避や移転価格の問題等について適切な指導を行う必要があり、正しい国際課税のルールや適正な手続き等に関する情報収集が欠かせません。
そこで、国際部におきましては、大阪国税局から国際関係部署の担当官を招いて、下記により、国際セミナーを開催することといたしましたので、ぜひ、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

|

« 「経過勘定等」@関西大学大学院 | トップページ | 納税義務の成立・確定~質問検査権 »

税理士研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「タックス・ヘイブン税制」と「移転価格税制」:

« 「経過勘定等」@関西大学大学院 | トップページ | 納税義務の成立・確定~質問検査権 »